バーチャルオフィス

バーチャルオフィスの費用とサービスを徹底比較 | バーチャルオフィスLEO

人気のバーチャルオフィス業者を徹底比較しました

業者名 代表的なサービスの料金 備考
Karigo(カリゴ)
ホワイトプラン ¥ 3,150〜/月

ブループラン ¥10,500/月

オレンジプラン ¥15,750/月

シルバープラン ¥21,000/月

※東京都多摩区
東京都内であれば、こちらのバーチャルオフィスがオススメ!

住所、電話番号、FAX番号を揃ってレンタル可能で起業したばかりの方にはピッタリ。プランに応じて電話代行サービスもあり。
http://pr-promotion.com/karigo/

TEL 0120-281-259

 

※料金体系は変更されている可能性がございます。

※各貸倉庫の料金についての最新情報は直接お問い合わせください。


>> その他の業者はこちら

 

 

バーチャルオフィスとは?

 

そもそもバーチャルオフィスとは、自宅で仕事をしながら郵便物や電話を転送してもらうサービス。
名刺にもその住所を書けますので、一等地が人気です。

 

また最近では会議室をレンタルする事が出来たり、個室のワークブースがあったりと
レンタルオフィスとあまり変わらなくなっている業者も数多くありますので、
ご自身に合ったオフィスを探してみてください。

 

バーチャルオフィスのメリットとは?

 

通常、レンタルオフィスを借りる場合には賃貸料金や保証金など、さまざまな費用がかかります。
それに比べバーチャルオフィスは最低限の設備である場合が多いので、
賃料も格安ですし保証金不要であったりと、低コストでおさえられます。

 

バーチャルオフィスの費用

 

バーチャルオフィス業者には、住所を借りるだけ+オプションのようなシンプルな業者もあれば
仕事をするのに必要な環境が揃っていてセット料金になっている業者まで様々です。

 

主に住所を借りるだけであれば¥10,000〜¥30,000程度で済む事が多く、
秘書代行サービスや貸会議室のサービスを付けて合計¥60,000前後(目安)でしょう。

 

小さなワークスペースを利用する場合には賃貸料金などが加算されますので
¥100,000〜はかかってくるでしょう。

 

まずはご自身のビジネススタイルを決めた上で、オフィスを選ぶ事が肝心です。

 
 

ホーム RSS購読